2017年3月2日木曜日

 3月定例会議が2月21日から始まりました。
3月1日と2日には代表質問が行われ、日本共産党相模原市議団からは、松永ちか子市議団長が代表質問をしました。

 日本政府反対した核兵器禁止条約の締結について、市長は被爆者国際署名にサインしたことにふれ、市長の政治姿勢についてや、市長施政方針についても、質問をしました。

待機児童の問題では、市で「保留児」としている入所の決まらない子どもが931人いることがわかり、まだまだ保育所がありない実態が、明らかになりました。

公民館の有料化の問題は、2月21日の、全員協議会のなかで全議員に伝えられ、各会派が今回の議会で代表質問をしています。
日本共産党相模原市議団も昨年の9月議会から続けて質問してきています。

国政でも市政でも、今年も忙しくなりそうです。

2017年1月30日月曜日

More輝区~南区アイデアコンペ

 「第3回More輝区~南区アイディアコンペ~」に参加しに行ってきました。

南区若者参加プロジェクト実行委員会が、毎年開催しています。

今年が3回目です。

わたしは初めて参加しました。

場所やモノやイベント等、『南区の魅力』をどうアレンジし、PRしたら良いかをテーマに、南区
まちづくりに参加していくものです。


学生や社会人の方々が、それぞれ考えてきた企画をプレゼンテーションしました。

相模原青年会議所の方は「オーノDEナイトフィーバー」という『夜市』を企画しました。

インターンZZという相模女子大学のインターンで地域振興を学んできた学生さんは、「芝桜ファーム」という芝桜を見ながらカフェやドッグランができるスペースの提供を提案していました。

CHORUS(コーラス)南区チームは「オーノカード」という相模大野駅周辺の加盟店で使えるカードの普及案をプレゼンしました。

わたしは途中の休憩で抜けたのでアイデア賞などグランプリに輝いたアイデアがどういうものかわかりませんが、インターンZZの芝桜ファームが良いと思いました。

 わたくしは若者がアイデアをだすということの意味は0から1を生み出すことが、いま求められている若者のアイデアであり、1から10を生むようなことではない気がしましたが、若者が市政に関わるということはいいことなので、これからも続けていただきたいと思いました。

2017年1月22日日曜日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

昨年は年末に、オスプレイが墜落するという大事故が、日本で初めておこりました。

これまで日本共産党や市民のみなさんが危険視してきたとおり、欠陥機であることが、証明されたと思います。

わたくしも12月議会の一般質問でオスプレイをただちに飛行中止、配備撤回を求めて抗議しました。
議会でも安全が確保されるまで飛行しないように求める内容の意見書が、全会一致で採択されています。
また、市政では、昨年の9月から12月にかけて、公民館の有料化を目的に、自治会長や民生委員の方で行う、運営委員会の会議の中で、話が進められています。

今年には公民館の館長会議で、有料化に反対することが、決議されたと聞いています。

議案で出されることがいつか、わかりませんがこれまで公民館が大切にしてきた原則を、市民のみなさんと守っていきたいとおもいます。

2016年8月13日土曜日

 上鶴間ふるさと祭りに行ってきました。
 今年も多くの参加者で賑わっていて地域で作るお祭りに参加できてうれしく思いました。
 多くのブースが出ていたり、FC相模原(サッカー)の選手も来ていて一緒にボールを蹴って交流をしていました。
 去年はタイミングがわるく、挨拶できませんでしたが今回は議長や他の市議のみさんとともに、ご挨拶させていただきました。

2016年4月13日水曜日

今日は爆音が物凄くうるさい!

今日はヘリも飛んでいたし、戦闘機も編隊を組んで飛んでいました。

相変わらず国民を馬鹿にしているようで、腹が立ちます。

南スーダンでは自衛隊の共同防護の危険がせまっています。

4月14日の赤旗の記事では、戦争法の施行により、宿営地に所在するものの保護のために、自衛隊員が隣接する他国軍を守るために、南スーダンの首都ジュバのトンピン地区で火網の連携(他国軍と連携して十字砲火で相手を軍事的に圧倒する行動)に参加し、激しい戦闘にまきこまれる危険性が出てきていると報じられています。

他国でその国の国民を殺せば、自衛隊は自衛隊ではなくなります。

ひきつづき戦争法の廃止実現をめざして取り組んでいきましょう。

2016年3月29日火曜日

29日、戦争法施行

日刊・赤旗新聞の潮流には、
防衛大学の卒業式で演説した、安倍首相の末恐ろしい訓示が紹介されています。

自らを何度も「最高指揮官」とよび、あらゆる場面に周到に準備をするようにと、
100年以上前の日本が勝利した日露戦争を例に持ち出しています。

自衛隊をわが軍といい、軍人を片腕にすることを切望している首相の透けてくる危うい本質。

今年、防衛大卒者のなかで自衛官にならない任官拒否者が昨年の倍、増加しているようです。
戦争法の施行が影響しているのは、明らかです。

南スーダンPKOに参加する自衛隊の駆けつけ警護の実施を世論をおそれて見送ったことなどをみると、国民を完全に無視することは安倍首相もできないんだと思います。

世論を高め、参議院選で安倍政権を退陣に追い込み、自衛隊員の命を守り、将来に戦争の道をつくらないために、取り組んでいきたいと思います。

2016年3月10日木曜日

失敗しても、やり直せる社会を

広島市府中町の町立中学校の3年生男子が昨年の12月、自宅で自殺するということがありました。
別の生徒の万引きの記録が誤って記載されていて、その非行歴によって志望校へ推薦を出してもらえなかったということがあったようです。

赤旗にコメントを寄せた尾木直樹さんによると、昨年の12月初旬から4、5人の中学三年生が進路を悩んで、自殺しているそうです。
「進路がらみで自殺者がこんなに出てくるなんて、何があったのかどうしても分かりませんでしたが、その一つが今回のような事案として出てきました。」とおっしゃっています。

今回の件では万引きをしたのは別の生徒だったということでしたが、もし万引きをしていたとしても、そこから立ち直ることもあります。

学校という場所が、生徒の失敗を裁くような場所ではなく、生徒と先生が信頼関係を築ける場所であってほしいです。